躁鬱病の診断を受ける前に知っておきたいこと

  • 病気と気分の違い

    躁鬱病は患者自身ではなかなか気づくことができない病気です。そのために周りのサポートがとても重要になってきます。特に躁状態の時は自分が病気であることに気づかないので、周りが診断を行うように勧める必要があります。

躁鬱病の特徴

躁鬱病とは

躁鬱病と呼ばれる病気が存在します。この病気は双極性障害とも呼ばれ、躁と鬱の状態が交互に訪れる病気です。鬱の期間がとても長いため、鬱病と診断されることもありますが、診断が終わった後に躁鬱病と分かる場合があります。鬱病と診断されている10人中1人は躁鬱病である確率なのです。そのために、鬱病だと思い、病院に診断しに行く場合には、周りの人からの情報も重要になってきます。躁鬱病は鬱病とは少し違う治療法を行います。したがって、鬱病で処方される薬とは違う薬を使用するのです。だからこそ、早めに鬱病か躁鬱病か判断する必要があります。

診断時の情報

診断を行う時には、受診時に必要となる情報があります。躁鬱病は、躁の時は病気である自覚がないことの方が多いので、鬱の時しか受診にいかないことが多いです。そのために正確な情報が初診時には手に入らない場合があります。なるべく初診の際にしっかりとした情報を提供したい場合には、他の人の意見を聞くようにしましょう。必要となる情報として、家族歴、躁の状態があったかどうか、以前にも鬱になったことがあるかどうか、そして抗鬱剤を飲んだ際に気分が高揚したかどうかです。これらの情報があることによって、治療の選択肢や、処方する薬を選ぶ際に手がかりとなります。躁鬱病は長期の治療が必要となってくる病気です。そのためにしっかりと躁鬱病について理解を深め、知っていく必要があるのです。

治る病気である躁鬱病を理解しよう

精神病の症状がでると、家族などからの誤解を招きます。そして家族だけに留まらず、知人や縁故の人まで患者へ、疑念を持つのです。そこから病気であることの、心配をよそに、行動の変な人という印象づけができます。困った行動をする人、社会性のない性格という偏見を持ちます。これ等はレッテルを貼るという、偏った見方ですので対応ができません。躁鬱病の患者は、まず自分が病気であることに、気付きません。だからこそ病気が原因して、疎外をうけたりするのです。疎外され始めると、どんどん人を信用することをやめます。無理やり病院へ、連れて行くことは、得策ではありません。まずは信頼関係を、取り戻すために、躁鬱病の予見をしましょう。もしかしたら病気だと、診断を受けなければならない事を伝えます。あまり強引に連れていくようなら、相談できる専門家を頼りましょう。

病気の診断を素直に受け入れて治療しよう

自分が躁鬱病だというと、患者自身が信じられない、病気を受け入れられません。病院での診断を、ショックのあまり、重症化する場合もあります。誰でもなり得る病気だと、いうことや家族の、理解が大切になります。くよくよしないで、躁鬱病という病気を知ることにしましょう。専門家の相談は、まずは悲観する気持ちを、和らげます。実際に患者には、きつい病気ですが、お薬などで治療できることを理解します。 少し以前の昭和の頃には、不治の病のような憶測さえある病気でした。きちんとした相談や、病院の診断は、薬効の効果を高めます。そして診断されて内容を、自分のものと素直に受け止めましょう。この素直な医療診断の、受け入れが病気の回復を、確実にしてくれるでしょう。

  • 受診のポイントとは

    まずは身近な人と一緒に病院へ足を運び、診断を受けましょう。日常生活の様子を知る人がいることで、医師に正確に状況を伝えることができます。躁鬱病の方に受診を勧める際には、躁の状態には十分に気をつけましょう。

  • 病気と向き合う為に

    躁鬱病の治療にはとても時間がかかります。そのために周りの理解と協力が必要になってきます。特に治療や診断を続けていくためには、家族の理解と協力が必要不可欠となってくるのです。

  • 家族が病気になったら

    躁鬱病は周りのサポートが無ければ診断や治療を上手く行うことができない病気です。そのためにしっかりと家族の方は患者のサポートを行わなければいけません。鬱と躁の状態によって適切な対応は変わってきます。