躁鬱病の診断を受ける前に知っておきたいこと

家族が病気になったら

サポートが必要

家族の誰かが躁鬱病だと診断された場合、一番重要になってくるのが家族のサポートとなります。そのためにしっかりと躁鬱病の理解を深め、状況に応じて対応していく必要があります。特に鬱の場合には、自殺を図ってしまう可能性がありますので注意して観察するようにしましょう。鬱の状態の場合には、しっかりと話を聞くようにしましょう。そして、躁の状態の時のことを責めずに、しっかりと世話を焼くことが重要です。躁の状態の時には、患者の行動がとても活発になります。中には暴力的になる患者もいるのでとても注意が必要となってきます。患者の暴力や行動が酷くなってきた場合には、すぐに医師に診断してもらうようにしましょう。家族の方が我慢することは、患者のためにもなりませんし、家族の方にとっても大きな負担となってしまいます。家族の方も、躁鬱病患者の方も両方が無理しないようにしていくためには、適切なサポートと定期的な診察が重要となってくるのです。

回復してきたら

躁鬱病が段々とよくなってくると、患者は、なんとか頑張ろうと無理をしてしまいます。しかし無理をしてしまうことによって、さらに状態が悪化してしまう場合があります。その時には、すぐに病院へ足を運び、医師の診断と診察を受けるようにしましょう。無理をしている躁鬱病の患者さんは、態度や行動ですぐに判断することができます。しかし、患者さん本人からは不調を訴えかけないことが多いので、家族の方がしっかりと確認し、診断と診察するように勧めるようにするしかないのです。