躁鬱病の診断を受ける前に知っておきたいこと

病気と向き合う為に

周囲の協力が必要

躁鬱病と診断され、治療を行い始めても、簡単に躁鬱病が治るわけではありません。躁鬱病を治すためには、長い時間を要します。そのために、周囲の理解と協力が必要不可欠となるのです。特に家族は患者の方の扱いに困ってしまうことが多いでしょう。躁の状態の時には、患者の方から暴言を吐かれてしまうことも多く、社会的信用を失う行動も平気で行ってしまいます。しかし、鬱の状態となってしまうと、その時の状態を思い出してしまい、さらに苦しくなってしまうのです。その状態を救うことが出来るのも、家族となるのです。

焦らないこと

躁鬱病の患者の中には、自分が病気だとなかなか受け入れられない方も多いです。躁鬱病だと理解したとしても、早く治そうとして、診断や治療を焦って切り上げ、仕事を開始してしまう患者も少なくありません。しかしこういう自体が起きてしまうと、さらに躁鬱病を悪化させてしまうことになりかねないので、診断や治療を自己判断で切り上げてはいけないのです。躁鬱病は躁と鬱の状態だけではなく、落ち着いている時期もあります。その時期に勘違いをして、診断を勝手にやめてしまうようなことはやめましょう。次第に症状が良くなってくると、症状をコントロールすることが出来るようになり、本来の力を発揮することが出来るようになります。しかし、焦ってしまうと再発してしまう可能性もあるので、ゆっくりと自分のペースで治療を行う必要がでてくるのです。